腕時計の豆知識~ オーバーホールが必要な理由 ~

人間に定期的な健康診断があるように、時計も定期的なメンテナンスが必要です。
人間は病気になったら病院に行きますが、病気になってからでは遅いですよね。
体に異常がないか定期的に健康診断を行うと思いますが、時計も一緒です。
必ず定期的なメンテナンス=オーバーホールが必要な様にできています。

機械式時計は多数の部品から成り立っています。
部品と部品が噛み合って動いていますが、潤滑に動くように油が差してあります。
しかし、その油が劣化したり、酸化するため約3~4年ほどで油切れや汚れになり、そのままの状態の使用はパーツの摩耗につながり、修理費用も膨れ、時計の寿命に大きく影響します。

オーバーホールを行うことで、時計の精度やパーツの摩耗を防ぎ故障の原因となる目に見えない部分の汗や汚れを取り除き、磨耗した部品や、防水性を保つために不可欠なパッキン類を交換する為、ご購入当時の良いコンディションを維持し、大切なお時計を末永くご愛用することが出来ます。

オーバーホールの流れ

1. 外観&操作性チェック
ケースの傷やブレスのゆがみ等外観の状態をチェックします。リューズを回し針の状態、巻き上げ状態等、様々な角度から細かくチェックをします。
2. 分解・修理
ケースからムーブメントを取り出し、針と文字盤を外し、ムーブメントの地板から全ての歯車やパーツを取り外していきます。部品ひとつひとつのコンディションを確認しながら、顕微鏡を使用して慎重に行われ、高い集中力が必要となります。
3. 洗浄
ケースやパーツ、ブレスにこびりついた古い油や汚れを超音波洗浄機で取り除きます。
4. 組み立て&注油
部品ごとにオイルを変えながら適量を適所に注いでいき、分解と逆の手順で組み立てます。熟練職人ならではの巧みの技が必要です。
5. ケーシング
組み立てたムーブメントをケースに収める作業です。ケース内に埃などが入らないよう細心の注意を払って裏蓋をしっかり閉めます。
6. 最終調整・点検
最後に本来の性能に戻っているかを確認する作業です。専用の計測機器を使用して精度や防水性能、リューズによる巻上げやカレンダーなどの機能、外観のチェックを行います。


時計の修理屋さん
住所:東京都港区浜松町2-6-2 262ビル2階
MAP ]
(11:00~18:30 土日祝日定休)
メール:info@happyprice.co.jp
COPYRIGHT (C) 2013 ~ HAPPYPRICE ALL RIGHT RESERVED.